20170408 雑記

さいきん人とよく会ってて、写真を撮ってブログに載せたりしてたんだけど、なんか無粋な気がして消してしまった。生活は隠してこそ美しいものだ。

そもそも、カメラなんか持って歩いていることが無粋なのかもしれない。おれは絵で描けばいいし、撮って見るならiPhoneで十分である。

 

ふつうの服を着て、iPhoneで写真を撮る。

そういう、「よくある風景」の一部として生活を過ごすほうが、公の場では健全なんじゃないだろうか?

 

そういえば観光地などにおいても、一眼レフカメラやその周辺機具は「よくある風景」までいかず、視覚的にも邪魔になりやすい。

しかし、カメラに黒以外の着色がされていたり、凝ったフードが付いているのを見ると、それはそれで不自然に思えてならないのだ。

 

iPhoneはケースのない状態が最もきれいだと思うし、パソコンの壁紙もデフォルトが良い。不必要な装飾は、不必要性にのみ特化したほうが美しいと思う。

服についても、服のデフォルトを誰かに定めてもらえたらいい。既存の企業が指定されるならユニクロだろうか。そう思って毎日ユニクロを着ている。

 

人は服を着ていないと怒られるのだから、法律で罰されない最低限の衣服くらい着て生まれてこいと思う。そんな服があれば、俺はそれを一生着ていたい。

広告を非表示にする